【ジルさん、『流砂迷宮 カッターズクライ』に挑むっ! その1】の続きになります。























さてはて。

心優しきヒカセンパイ達に助けられたジルさんは、
いよいよ9番目のインスタンスダンジョン、『流砂迷宮 カッターズクライ』へと挑みました!





6:20頃に押した、選択解除ボタンではなく。










1231 (5)












深呼吸をして、参加ボタンをぽち!










6:43、攻略開始!!

レッツパーりィーッツ!!!











1231










まずは忠義の盾を!


ヒカセンパイたちの準備を確認して!!


よし、行くぞ・・・!





シールドロブッ!!



バフッ!!



からの~フラッシュ!!!










1231 (6)










敵の向きは大丈夫かな?

ヘイトはとれてるかな?

これでいいのかな?




今までのタンクとしてがんばってきたコトを、
少しずつ思い出しながらゆっくりゆっくりと進んでいきます。



ですが久々のダンジョン。




ジルさん、あせるあせる。




そして、床ペロ。










1231 (7)










ああ、やっちゃった・・・。



激しく凹むジルさん。










1231 (8)










ですがヒカセンパイたちはあせってポカするジルさんに、





「どんまい!」


「がんばれー!」


「どまー!」






と、やさしい言葉もかけてくれました。










1231 (9)










それからちょっとだけ落ち着きを取り戻したジルさんは、
分からないことや不安なことはヒカセンパイたちに聞いたりしながら。










1231 (10)










迷ってオアシスの周りをぐるっと一周したりしながら。

中ボスで戦闘開始カウントダウンをつかっちゃったりしながら。








1231 (11)









大ボス戦までたどり着けました!










「がんばって避けるw」


「突っ込みましょう!」


「ふぁいとー!」






と、心強いヒカセンパイたちの声援をいただき。








いざ、大ボス戦!!!

勝負だキマイラ!!











1231 (12)










えっと、氷結~は前によって・・・ああ、違った!!



雷電~は離れて・・・ああ、逆だああ!







気合は十分だったのですが、はやりあせってしまいミスを繰り返すジルさん。

みるみるとHPが削れて行きます。



しかしヒーラーヒカセンパイが、HPバーが消えることを許さずにガシガシと回復。

さらにボスのHPをガシガシと、DPSヒカセンパイたちがけずりとり。










1231 (13)










あっという間に、とどめのリミットブレイクが炸裂!!










1231 (14)










complete!!!!!



やったーーー!!!




助けてくださったヒカセンパイの皆さま、
本当にありがとうございましたーー!!

















こうして、9番目のインスタンスダンジョンをクリアできたジルさん。

ヒカセンパイたちと別れるとひとりスタート地点へと戻り、
いつかこんどは自分が。

困っていたり不安に思う光の戦士の助けになれるように、
復習にはげむのでした。















12312















1231 (17)















『流砂迷宮 カッターズクライ』、攻略っ!!!

























それでは、レイド様(OKUSAMA)がお怒りなので、
(ヤヴァイヨヤヴァイヨ!)この辺で!!






皆さま、よいお年を~!