驚いた。



尿意を感じ目をさました僕は、時間を確認するべく携帯電話をみた。

そしたら、いつもと違う文字が表示されていた。


『熊本県で震度7』 

 

信じられなかった。

たまたま起きてきた奥さんにこのことをはなし、テレビをつけてみる。

アナウンサーが険しい顔でしゃべっていた。

二人で「怖いね」とつぶやくことしかできない。

しばらくテレビをみていたんだけど、僕は「もう寝よう」といった。

このまま起きていても、ただ混乱している情報をみているだけで、きっと心が疲れてしまう。

体だって、十分な睡眠時間も確保できていない。


『僕らは明日の生活のために寝たほうがいい』


そう考えての言葉だった。

このままテレビの情報と一緒に、僕が、僕ら(僕と奥さん)が『いつもの生活を投げ出したらいけない』と思った。

トイレを済ませ、布団に戻り考えた。

今こうしている間にも、トイレにもいけず、布団もない人たちがいる。


僕に、できることはなんだろう。


僕は考えた。考えずにはいられなかった。

まず夜が明けたら募金ができるようになるはずだから、募金はやろうと思った。


このブログのことも考えた。


こんな時にいつも通り更新していいものか。

そもそもネットゲームなんてしてていいのだろうか。

しばらくお休みして、静かに生活をしていたほうがいいのではないだろか。


いや、こんな時だからこそ。


きっといろいろな意見がでてきて、もしかしたら「不謹慎だ!」なんて思われてしまうかもだけど。

僕はブログもゲームもやったほうがいいのではないだろうか。

いつも通りにログインして、そのことをブログに、いつも通りの感じで、書き続けた方がいいのではないだろうか。


僕の書いた文章が、何も考えずダラーっと読めて、その間はちょっとだけ苦しい現実を忘れられたり。

僕の変な文章で、クスッと笑ってくれたら。

それは何かの力になるんじゃないだろうか。

今僕ができることのひとつになるんじゃないだろうか。






そんなことを考えていたら、いつもの起きる時間になっていた。












だから。

僕はいつもの感じで、これからもブログを書いていこうと思います。

だから。

僕はいつもの感じで、今日もエオルゼアにいきたいと思います。



では、いってきます。

ffxiv_20160414_062900