あ!

あの格闘ララフェルさん、若葉マークだ!!

レベル上げ中なのかな?

まずはお手伝い・・・!

よ、よし・・・!この戦闘が終わった声をかけるゾ!



――― 戦闘終了。



>格闘ララフェルさんは、ジルさんにお辞儀をした。 

おー!いい感じだ!よし、まずはこちらもエモでお返しして・・・ 


 


>ジルは、格闘ララフェルさんにさよならの挨拶をした。 





あ、いつもの癖で!!!

この指がっ!この指がああっ!!!






ジルさんのエモをみて走り去る、格闘ララフェルさん。

・・・次があるさ。



―。

――。

―――。



あ、ここでも何やら若葉のミコッテさんが戦っている感じだ!

よし、お手伝いしちゃいますよー!

おお!さっきの格闘ララフェルさんもこちらに来ている!

よし、いいぞ!

来ている、僕のターンが近づいている!!!

この勢いで・・・!

お二人にお声をおかけいたすのだ!!



 ffxiv_20160424_062250





シャキーーーン!!(効果音)





な・・・っ!

こ、こ・・・。



CFが埋まってしまっただとぉっ?!





え、どうしよう!!

このままいくわけにもいかないし!!

あかん、早く倒さないと!

いったん参加保留にしておいて・・・!



―― 戦闘終了。



よし、倒した・・・!

急げ急げ、待たせてるんだぞ!!

えっと、「参加する」をおして・・・。

よし・・・OKー!

うう・・・、格闘ララフェルさん&ミコッテさん・・・!

さらば未来のフレンド候補たちよー!

僕は今からダンジョンの攻略に行ってきます(号泣)








と、いうわけで・・・。

おはようございますううう!!

最近だんだん起きる時間が遅くなっているジルさんです!

だめですね、やはり人間睡眠時間は7時間ぐらいはほしいのでしょう。

体が目を覚ますことを拒否してやがるぅぅぅ!!

でも起きます、だってFF14したいから☆ミ





さて、そんなわけでスタートがドタバタでしたが・・・。

これまでサスタシャ浸食洞を5回ぐらいクリアして、
なんとなくタンクとしての動きもわかってきたので・・・!



いってきました!!!

第二のレベリングダンジョン・・・タムタラの墓所!!




ffxiv_20160424_062353



もう心臓バクバクでした。

今回ご一緒した方は呪術師さん、槍術士さん、幻術士さん・・・だったと思います!

このうち槍さんが若葉マークだったので、ちょっとホッとしました。

開始直後にまずは挨拶をすませ、ここは初めてだと伝えます。



幻さん「のんびりいきましょ~♪ギミックお楽しみに~♪」



そんな幻さんに癒されながら、ゆっくりと進みはじめました。



ffxiv_20160424_062645



タムタラの墓所で感じたことは、



敵が動くっ!

近距離+遠距離の組み合わせが多い!!




ということです。

サスタシャ浸食洞にくらべると、攻撃をしていないのに敵が動き回っているような感じでして、
まずファーストアタックのタイミングがつかみづらい。

さらにヘイトをまとめようとしても、
近距離の敵と遠距離の敵がいるので上手いこと集まらなかったり、
どこを攻撃していいか分からなくなってしまう。

もうあれです。



頭がパチパチパッチーン!!



すぐに動きが挙動不審になるジルさん。






落ち着け・・・!!

冷静になるんだ!!!

COOLにいくんだ!!!!

いいか、冷静と情熱の間・・・つまり普通の心でいくんだ!!!

タンクであるジルさんの行動が乱れれば、パーティーが全滅へとつながってしまう!!

役割を、自分のロールをこなすんだ!

ジルさんは、みんなのシールド!!

できるだけ多くの敵を自分に釘づけにするんだ!!

多くの目線を釘づけに?





はっ!!!





そうだアイドルのように・・・?!

自分に目線を!!!

たくさん、たくさん集中させるんだ!!!

イクぜ!!ジルさんの可愛さをアッピル!!!







「みんなあああ!!!私の歌をきけえええええ!!!!!!!!」














フ ラ ッ シ ュ 連 打 ! !


からの


初心者の館で教えてもらったコンボスペシャルっ!!!で視線釘づけぇえ!!







-shared-img-thumb-SAYA160312500I9A3721_TP_V
写真:ぱくたそ(フリー写真素材・モデルの茜さやさん)「https://www.pakutaso.com/」より













あああ、だめだ・・・!!



後ろのお客さん(遠距離の敵)には、
ジルさんの可愛さ(フラッシュ)が見えないっ!!










ffxiv_20160424_063214



どうすればいいんだ・・・!

タゲがばらけてしまう・・・!


このままではアタッカーさんやヒーラーさんたちが、
上手く自分の役を、ロールを、こなせなくなってしまう。




ffxiv_20160424_063608



あ!




幻術士さんあぶない!そっちには敵の呪術師がっ!


まだジルさんの魅力(フラッシュ)に釘付けになっていないんです!!



くそぅ・・・!またタゲが流れてしまう・・・!!

すみませんっ!!

僕が未熟なばっかりに・・・くそう!!






幻さん「アクアボーールゥ!!!」





ずぎゃあああんん!!!










? ! 


な、な ん だ と ! ! 


幻術士さんが・・・!
遠距離の敵をジルさんの目の前まで押し出してくれた・・・?!







幻さん「今ですっ!フラッシュを!!!」(←このセリフはジルさんの妄想)







はっ!!この距離ならっ!!

ジルさん「フラッシュ――!!!」









と、そんな感じで幻術士さんがものすごくサポートをしてくださいまして、
なんだかダイの大冒険の「魔法使いは最高にCOOLじゃないといけない」的なセリフを思い出した僕です。



幻術士さん、最高にCOOLでしたっ!!!



他のメンバーも、
ターゲットが定まらないジルさんをしっかり見ていてくれて同じ敵を攻撃してくれたり、
囲まれたときは範囲攻撃をしてくれたり・・・。



みんなに支えられながら、
なんとか最深部へとたどり着くことができたのです。









よし、ここまでくれば・・・予習はwikiでバッチリしてきた!!

いくぞっ!!!

ffxiv_20160424_065255



はっ!攻撃に夢中になっていたけど、この紫のエネルギー派・・・?!

そうか、予習でみたのはこのことか!

イカーーン!!!

ギミックを先に解決しないと!!!

なら、攻撃するのは・・・あっちか!!!



ffxiv_20160424_065548



ffxiv_20160424_065559




いやふーーーい!!

COMPLETE!!!















こうしてジルさんは2つ目のレベリングダンジョン、
タムタラの墓所を攻略できたのでした。




ffxiv_20160424_070126


 幻さん「タンクは難しいですけど、がんばってくださいね♪」

ジルさん「はい!それではまたエオルゼアで会いましょう!」

 幻さん「よい旅をっ!」
 
 
>ジルさんは幻術士さんに別れのあいさつをした。

>幻術士さんはジルさんに活をいれた。













兄さんのモチベのために人気ブロガーに僕はなる!(ドンッ!!)↓クリックお願いします!






人気ブログランキングへ