ffxiv_20160427_062117



新生FF14にきて、おもしろいなーと思ったシステムがある。

それは『使い込んだ装備類を修理する』というシステム。

これがまた、なんともちょっと不便なシステムでして。

今つけている武器・防具・アクセサリーなどなどの耐久値が、
戦闘などをしているうちにとジワリジワリと下がっていって・・・。





ほっておくと、なんと壊れてしまう。





だから壊れる前に武器・防具・あくせりーなどを修理する必要があるのだ。

修理はプレイヤー自身がすることもできるし、大きな町にいる修理屋(NPC)にギルを支払いお願いすることもできる。





ね、ちょっと不便なシステムだと思いませんか?




でも僕は、このシステムがなんとなく好きだ。


別になくも良いシステムだんだろうけど。

なければプレイヤーはわざわざ町に戻ってNPCにお願いしたり、
自分で装備の手入れをするひと手間がなくなって楽になるかもしれないんだけど。

僕は、このシステムがあることで、
エオルゼアの世界で生活してる感がぐっとでてくる気がして好きだ。






似たようなシステムでいうと、
レベリングダンジョンの開放の仕方も好きだったりする。

ダンジョンへいくための理由というか、ちょっとした物語があって。


ffxiv_20160425_055042


ギガァァァァァドリルゥゥゥゥゥゥブレィィィィィイクゥゥゥゥゥ!!!ですね、分かります。 


ffxiv_20160425_061857



その場所まで走るなりチョコボなりで、
実際にいかないとダンジョンへはいけるようならない。





解放されないのだ。





開放さえしちゃえばシステム欄から直接行けるようになるので、
システム的には別にダンジョンがある場所までわざわざ行かなくても、行けるようにすることはできるんだと思う。





でもあえて、広い世界を走らせる心意気。






うん、こういう感じ。

僕は好きだな。






















どうもおはようございまあああああああす!!!!!!

今日はいつもこの時間は寝ているはずの我が家のレイドボスが起きてきていてぇぇええ!!!!!!!

さっきからチラチラこっちみているんですよおおおおおおおお!!

気になってしょうがない!

気になってしょうがない!!!!!!!!!





でも、きにしなーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!!!!





ええんや、時間は守ってるで?

ええって、ええって、そうやって白い目でジルさんをみときぃ。

ジルさんは好きなんやから別に気にならないでぇ?





でもなぁ?






「ほれ飲む?」ってなみなみとブラックコーヒーのはいったカップな?

某海賊漫画効果音みたいにな?

ドンッ!!/てな?

パソコンディスクにおいてくれてな?


thank you!!!!!!!!!!!!!
















さて、昨日も行ってきました!!

タムタラ墓地!!


ffxiv_20160427_060023


はじめからビギナーチャンネルに誤爆するという羞恥プレイをしながらも、
ジルさんはがんばりました。

で、ですね。

今回のメンバーには若葉マークさんがいなかったので、
ジルさんある提案をしてみたんです。






「最短で行きますか?」って。













・・・。




・・・・・。




・・・・・・・。














えっらそいおおおおおおうううう!!!!!

ジルさんえらっそおおおおおおおおおおお!!!!









違うんですよ!!!


別に天狗になっているとかじゃないんですよ!!!!!





あのですよ?

WIKI読んでいたらですよ?

このタムタラ墓地ははやく回れるので、
レベリングの周回に向いているって書いてある(あった気がします)じゃないですか!!


ffxiv_20160427_060732


そんなものですから、
もしかしたら一緒になるメンバーはレベルを早くあげたくて、
ここに通っている可能性もあるじゃないですか!!

と、すればですよ?


ffxiv_20160427_061427


ダンジョン内を全部回りたくないって思う方もいるかもじゃないですか!!

(タムタラ墓地にはいかなくてもクリアできる小部屋が少しあるんです)

でもパーティーの進み方って、先頭を進むタンクさん次第なところがあるじゃないですか!!

ジルさんタンクさんじゃないですか!!!

じゃあ、もっとメンバーさんのご意見を聞いたほうがいいのではないでしょうか!!


ffxiv_20160427_061531


と、勝手に思考の渦にはまっちまいましてですね。

よしじゃあ今回は最初にアレコレ聞こう!と考えていたのですが、しょっぱな誤爆して焦り。

パーティーチャットへの切り替えで焦り。


先に歩き出したメンバーさんに焦り。


まあ、一人で勝手に焦り。










結果『最短でいきますか?』の声かけになってしまったわけなのです。


ffxiv_20160427_061749


結果的には「どちらでもー!」といっていただけたので、
「じゃあ、ゆっくりめでお願いします!」と自分の考えを伝えることができてよかったのですが・・・。

えらそうだったかなー。

皆さん不快な思いしなかったかなー。

凹みINGー。


ffxiv_20160427_061806















もっと、いちいちドキドキしないで。

一人で勝手に焦らないで。

せっかく一緒になったメンバーさんと。

おなじ世界で遊んでいる仲間たちと。





CFという『一期一会』の冒険を楽しんでいきたいなー。





そんなことを思い、反省するジルさんなのでした。

反省はするだけではだめで、次にどうつなげるか!



『歓迎、前向き挫折!!』

ですよね、しゅうぞうさんっ!!!









それでは、今日こそ次のダンジョンへ行きたいと思います!!


行くぜっ!!『カッパーベル銅山』!!!


いってきまーす!!

















兄さんのモチベのために人気ブロガーに僕はなる!(ドンッ!!)↓クリックお願いします!






人気ブログランキングへ