ffxiv_20160428_060204


ドキドキしながら挑んだ、最初のサスタシャ浸食洞でのこと。


『クリアしたダンジョン内も、実は探索できるんですよ。知ってましたか?』


そう微笑む幻術士さん。


なんでも『攻略したダンジョンは10分間なら自由に探索できる』と言う。


『行ってみましょうか?』


幻術士さんがいたずらっ子のような顔で笑う。


『いいですね!』『やってみましょうか!』『いきましょう!』


僕たち4人はデジョンでダンジョンの入口へと戻り。

静かなダンジョン内を探索した。


それはとっても楽しい10分間で。

とても早い10分間で。

終わってしまうのが嫌だった10分間で。

強烈に今も僕の中に残っている。


だから僕はこの新しく攻略したダンジョンも。

空白のマップを埋めながら。

さっきまでの冒険を振り返りながら。

あの日を、あの出会いを思い出しながら。

こうして一人。

ニヤニヤしながら10分間探索しているのだ。























おはようございまあああああああす!!!!!!

やったね!!今日からごぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっぅぅうううううでぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっぇえっぇん!!
うぃぃいいいいいいいいいいいいいいいいくぅ!!!!!!!!!!!





YO乗ってるかい!

GWだぜGWだぜちぇげらっちょ!!

だけどMEのfamilynoMONEY!!!

SCHEDULEはからだっちょ!

しかも有休取れず、Monday出勤!Fridayも出勤!!

だけど連休YOちぇげらぁちょ!!!

YAーHAー! 









はい、ちぇげら!

ジルさんです。 




さて、昨日は攻略記事とにらめっこしながら行ってきました!!




『カッパーベル銅山』!!!


ffxiv_20160428_053405
 

このチャット欄が消せないぐらい緊張していたんですね!

すっごい、このSSみてるとこの時のドキドキがよみがえってきます!!


ちゃんとパーティーチャットにしてからCFしたのは、前回の誤爆から学んだ証拠ですね!



ffxiv_20160428_053512


挨拶をすませ。

このダンジョンは今回がはじめてであることを伝え。



いざ攻略スタート!




今回のメンバーさんはみなさんベテラン光の戦士な感じ!

あれ?

ヒーラーさんの名前・・・見たことあったような気が・・・?

もしかしたらどこかでご一緒した方かもしれません!

だとしたらすごい!なんて嬉しい!

でも「あれ、以前どこかで?」なんて聞く度胸も余裕もないジルさん。

さりげなく道案内してくれるヒーラーさんの後ろを、
「やっぱりみたことあるようなー?」と思いながら、
必死についていきます


ffxiv_20160428_053607


さすがに三つめのダンジョンとあってか、
だんだんと難易度があがっている気がします

でもジルさんだって、
タンクとしてのレベルは上がっているはずなんです。


「基本」のサスタシャ浸食洞。

「動き」のタムタラ墓地。

そして「ギミック」のカッパーベル銅山!



今までの経験と!

各攻略サイトの攻略記事を!!

思い出しながら進めば余裕だってばヨ・・・!!!



ffxiv_20160428_053824

 
(うがあああああああああああ!!お、親方ああああ!!!か、壁から巨人がああああああああああああ!!!)


ffxiv_20160428_055021
 

(ぬおおおああああああああ!!あれボム当てたら倒すどころか、なんか増えたああああああ!!)

(これでいいんですか?!!)



ffxiv_20160428_055552
 

(壁を壊したら、反対側へ引っ張っていく。壁を壊したら反対側へ、引っ張って・・・)

(あ、あれ?みなさん雑魚を攻撃しない・・・)

(あ、そっか!BOSS集中攻撃作戦ヴァージョンもあるんでしたっけ?!)


(そおッスかね?そうッスよね?!ですよね先輩?!)


ffxiv_20160428_055819







全然っ!ぜんっぜん!!!

まったく余裕じゃなかったあああああああああああ!!!











終始オロオロしながらも、
心強い先輩ベテラン光の戦士さんたちに(導くはずのタンクジルさん)が導かれ。

でもでも、初心者ながらもタンクのロールを精一杯頑張りました!






よかった!!

隙間時間に攻略サイト巡りしておいて本当によかった!!!





これ予習なしでいっていたら、
ドキドキばっかりしちゃって楽しめなかったかもしれない。




動画とかでちゃんと予習することは時間的に難しいのですけど、
文章やSSで予習しておくだけでも違うものなんですね。

役割がなんとなく分かっていれば、
そこまでメンバーさんに迷惑をかけることはないのかなと感じたカッパーベル銅山でした!




いや、ジルさんがそう思っているだけで、
実はメンバーさん「こいつマジ初心者!仕方ねぇーな、ケツの青いひよ子をフォローしてやっか!」って、
思っていたのかもしれないですけど・・・!!!











・・・。



・・・・・。



・・・・・・・・。













ご、ご一緒した皆さん!!!

本当にありがとうございましたー!!









では今日もケツに殻をくっつけながら、
エオルゼアを走り回りたいとおもいまーす!!!

行ってきまーす!
























ffxiv_20160428_060807


ジルさん、
カッパーベル銅山、攻略!!!











兄さんのモチベのために人気ブロガーに僕はなる!(ドンッ!!)↓クリックお願いします!






人気ブログランキングへ