『ジルさんはいいタンクになるよ!』

そう言ってくれた鞄鯖(どこだろう?)の弓術士さん。

ありがとうございました!

ジルさん、精進します!


ffxiv_20160429_062801


『MMOは人と遊んでナンボだからねw』

そう言ってくれた槍鯖のヒーラーさん。

ありがとうございました!

久々にいっぱいチャットできて嬉しかったです!!


ffxiv_20160429_061949


話せなかったけど、
ターゲットを合わせてくれたり、
ヘイトが移ったときにも冷静に対応してくれた同じ若葉マークさんの呪術師さん。

ありがとうございました!

同じ若葉マークさんが頑張っている姿にとっても励まされました!!

お互い頑張りましょうね!


ffxiv_20160429_063250




昨日のカッパーベル銅山は本当に楽しかったです!

まだいつか一緒になったときはよろしくお願いしますね!





                    \爆破ッ!/
ffxiv_20160429_063054




                     ジルより、光の仲間たちへ。


























おはようございまああああああああすううううううううううん!!!!!!!!

MYKIDSバイセコーTRAININGに付き合っていたGW初日ぃいいいい!!! 









筋肉アーチューゥ!

ジルさんのリアル筋肉アーチュゥ!!!






ジルさん現在、
アーチュゥ筋肉でございます!!!













ジュニアさん「パパ様!絶対に手を話すんじゃないでござるよ!!」 

ジル さん  「かしこ、かしこまりかしこ!!(タイミングをみてジルさんHANDはなすでござざる)」

ジル さん  (?!な、なんだと??!)

ジル さん  (まるでバランスがとれていないじゃないか!!!!)

ジル さん  (は、離せないっ!こんなバランスんで、ジルさんHANDを離せるわけないじゃないかぁっ!!)


ジュニアさん「AHAHAHA!AHAHAHA!ほらほーら☆補助なし乗ってるんだYO-☆」

ジル さん  「AHAHA!はぁはぁはぁ!!!すごい!!すごい腰破壊筋肉疲労☆」









アレですね。

人に何か教えるって、めっちゃ大変ですね!!!

しかもKANKAKU!的なことって、すっごい伝わらないぃぃぃ!!!

しかしMYKIDSは終始楽しそうでした。

きっと自転車乗りの師匠であるジルさんいつも後ろにいて支えていた(物理)から、
のびのびと練習することができたのでしょう。

ジルさんリアルホームに帰ってきて翌日の筋肉痛にそなえてシップをはりながら
そんなMYKIDSをみてて思ったんです。











ああ、ジルさんもエオルゼアで。

パダワンになりたい!

どこかにいる伝説の光の戦士エオルゼアマスターパダワンになりたい!!

でもって、マスターと二人一組になってこの世界を旅しながら修行をつけてほしい!!!!




どこにいますかああああああああああああ!!!

MYぃいぃぃぃいいい!!!MASTERあああああああああああああああああああ!!!












ってね☆





と、言いますのもね?

昨日もカッパーベル銅山にいったのですが、
今回は勇気をだしてビギナーチャンネルに呼びかけてみたんです。

『どなたか一緒にいってくれませんか?』って。

そしたら親切なヒーラーさんが一緒に来てくださって、
でもってでもってCFでも優しいメンバーさんにあたりまして。

ジルさんがタンクとして気になっていた点や、
ダンジョン攻略の気になる点をちょこちょこ聞きながら進めたんです。



で、ジルさん思った。



やっぱり自己学習では限界がある、と。

自己流では小さな勘違いが積み重なっていき
やがてその違いは他のプレイヤーさんへの負担にかわってしまうのでないか、と。

で、その他のプレイヤーさんへの負担をかけてしまったという自責の念が、
ジルさんのFF14生活をつまらなくさせてしまうのではないか、と。






例えばですけど。

カッパーベル銅山のラスボスを引っ張っていく場所

ジルさんは『雑魚が壊す壁の側』だと思っていました。

でも実際は『雑魚がわく壁の側』なんだとか。
(雑魚がわいたときにすぐに攻撃ができるようにするためだそうです 諸説あり)


ffxiv_20160429_064326
 

カッパーベル銅山はまだ初級のダンジョンですので、
位置取りで全滅するということはまだないのかもしれません。

でもジルさんはエンドコンテンツを目指しています。

たぶんエンドコンテンツでは、
こんな感じの『自分の勘違い、自分の思い込み』全滅への引き金になったりするんではないでしょうか?(←ジルさんの勝手なイメージです)



攻略に向けてメンバーみんながやるべきことを確実にこなしていく。

個人プレイであり、でもチームプレイ。

その先にCOMPLETEが待っている・・・。



その中に飛び込むには、
今のままではジルさんは圧倒的!!!

圧倒的ッ情報不足感ッ!!!



自分で予習をしつつ

「むむ。そこはライトセーバーではなくフォースを使うんだパダワンよ」


と、実戦で実際に教えてくれるガラスハートのジルさんがダークサイドに落ちないよう配慮してくださる優しいマスターが必須!!!

ではないのか、と。 









しかし・・・早朝ビギナー光の戦士ジルさんは・・・。

NO FRIENDS ☆

NO MASTER ☆

頑張って作ったリンクシェルも、現在メンバー・・・。

ジルさんONLY ONE☆ミ

そりゃそうだよね、だってジルさん勧誘してないもん・・・。








・・・。



・・・・・。



・・・・・・・。









ごしごし(涙を拭きながら)



で、では!!

今日もパダワン・ソロなジルさんはエオルゼアに行きたいと思います。

いつの日か出会うMYMASTERを夢見ながら・・・。

いってきまーーーす!!!


















兄さんのモチベのために人気ブロガーに僕はなる!(ドンッ!!)↓クリックお願いします!






人気ブログランキングへ