ffxiv_20160511_072028



誰かからもらう『ひとこと』で、救われたことがある。

『ひとこと』をくれた誰かさんに、そんなつもりがなかったとしても。
 
その『ひとこと』に救われ、前を向き、また歩き出すことができた。



誰かからもらう『ひとこと』で、どん底に落ちたことがある。

『ひとこと』をくれた誰かさんに、そんなつもりがなかったとしても。

その『ひとこと』にすべてを奪われ、目をふさぎ、うずくまってしまった。



でも。



『誰かさんのひとこと』で、『救われる』のも。

『誰かさんのひとこと』で、『どん底に落ちる』のも。

自分次第なんだよね、キット。




















 


おはようございます。

太陽の光があけ放たれたカーテンよりさしこんできますね。

まだ5時ですけど、めっちゃ明るいですね。

あー、快晴だー。



快晴ですよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!



晴れ渡る木曜日ぃいいいいいいいいいいいい!!!!



あと2日!!



あと2日!!!!!!



あと2日で!!!!!!!!!




ほ、ほ、ほりでぇ!!!!!!!!!!!!!!!!









H・O・L・I・D・A・Y


HOLIDAY!!!








長いよおおおおおおおおおおおおお!!













どうもHOLIDAYが待ち遠しいジルさんです。 

さて、昨日は時間が厳しかったのですが再び駆け込んできました!




ハラタリ修練所!!




今回はCFでいきました。


『どんな遊び方をしているかまったく分からない3人とランダムでパーティーを組む』



これってかなり緊張しますよね。

いまだにジルさんはドキドキ。





ベテラン光の戦士先輩と一緒になってしまって、
先輩は光速で回りたいのに「ジルさんおそーい!(島風ちゃんvoice)」なんてなったらどうしよう!!








と、不安と期待がいりまじるこの複雑な心情・・・心境?



毎回シャキーン!!!って音を聞くたびにビックゥ!ってなります。



さあ、今回はどんな方たちとご一緒するのでしょうか・・・!










「よろしくおねがいします!」



挨拶をすませて、いざ攻略スタート!





ffxiv_20160510_064035





このときジルさんはあることに気がついてしまいました。




『あれ・・・竜さんHPが・・・高い?』




そうなのです。


DPSの竜騎士さんのHPが、タンクのジルさん並のHPだったのです。





『もしや・・・かなりベテラン光の戦士先輩では・・・!?』





ジルさんは勝手にそう思い込み、勝手にあせりだしたのです。




『よ、よし。頑張ってサクサク行こう!』





ffxiv_20160511_064552




でもほら。

ジルさんはハラタリ修練所はまだ二回目ですし。

一回目はメンターさんたちとゆっくり回っていたですし。



そんなすぐに『サクサク』なんて動けるわけがないんです。



動きのイメージだけは立派だったのですが、そのイメージ通りには・・・まだ動けませんでした。



結果、さらに勝手にあせるジルさん。



あせりはミスを生み出します。

ミスがあればさらにあせります。

この悪循環にすっかりはまってしまい・・・。





ffxiv_20160511_065527





ついには突っ込みすぎて、
白魔導士さんの回復が追い付かないくらい攻撃をうけてしまい・・・。

HPがつきてしまいました。



『どうしよう・・・』



倒れたまましばらく呆然としちゃったのですが、
そのあと倒れてしまった呪術師さんがすぐにスタート地点へ戻っているのをみて、
あわててスタート地点へ戻りました。



『全滅してしまったらどうしよう・・・!』





と思いながらみなさんのもとへと急いだのですが、
竜騎士さんが上手にカバーしてくれたようで全滅はさけられました。


ジルさんが突っ込みすぎてしまったのが原因での、パーティー全滅の危険。





『やってしまった・・・』





凹みまくっていたジルさんだったのですが、
そんなときに白さんが「ヒールが間に合わずすみませんでしたー!」と声をかけてくださったのです。





いや、そんなあやまらないでくださいよ。

白さん悪くないですよ。

ジルさんが突っ込みすぎたんですよ。





白さん「ここの敵は切り離せるので、そうすると安全ですよ」






え、そうなのですか?

そういえば・・・こないだはそうしたかもしれないです。

すみません、あせりすぎました。








白さん「大丈夫wゆっくりいけばいいんですよ~」



竜さん「そうそう、ゆっくりいきましょう」










このひとことでジルさんはかなり気持ちが楽になりまして、
またタンクとしてパーティーの前を歩くことができました。












まあ道中まちがって自分にターゲットマーカーつけちゃったり・・・

いろいろアドバイスをしていただいたので、
嬉しくてお返事をしようと思って誤爆しまくちゃったり・・・










ffxiv_20160511_070131









うん。



気持ちは楽になったけど、ジルさんまだあせっていたのですね!




ジルさん、おちついて!!





大丈夫、みんな仲間だよおおお!!












ffxiv_20160511_070911










こうして。

白さん、竜さん、呪さんと力をあわせ無事にボスを倒しきることができました。

このメンバーで攻略することができて、
すごく嬉しかったです!!!

みなさん、ありがとうございました!






その後。

みなさんとジルさんは、
10分間の制限時間が切れるまでワイのワイのとおしゃべりをしました。

(呪術師さんも実はハタラリ修練所がはじめてだったそうです!一緒に強くなりましょうね!) 


その中で、たくさんアドバイスをいただき。

たくさん応援していただきました。

本当にありがとうございました!



またいつか・・・。

エオルゼアで会いましょう!
























って、今日も時間がなああああああああああいいい!!!



ではエオルゼアにいってきます!!!!!!!

 












兄さんのモチベのために人気ブロガーに僕はなる!(ドンッ!!)↓クリックお願いします!






人気ブログランキングへ





 













ffxiv_20160511_071918