紳士淑女の皆様、御機嫌よう。
兄男だ。
私が調理師から営業職へと転職し、異世界ライフを堪能している話は皆様もまだご記憶に新しいだろう。
記憶にない方々は過去の記事を参照してほしい。


さて、日々職業ギャップに直面し、先輩社員、上司、社長、会長、得意先、取引先の指摘、意見に翻弄され、右に左にブレブレ人間になるつつある今日この頃、皆様いかがお過ごしだっただろうか?
この、複数の他人から多方向に指摘、意見をいただくというのもまた、前職には存在しなかった概念だ。


というのも、調理場では料理長が神である。
周りの人間がどうこう言おうが、料理長が「焼け」といったら焼くし、「煮ろ」いったら煮るのである。

ところが、この異世界では違う。
複数の方角から、複数の人間が、実に様々な方法で私にアクセスしてくる。

「焼け」「煮てください」「生でたべれますか?」「揚げ物以外はちょっと」「ソテーみたいなやつ」

なんだろう。
この方々は私を聖徳太子か何かだとお考えなのだろうか。
ならば即刻その考えは訂正して頂きたい。
まぁ複数の他人に翻弄されるというのは、サラリーマンには必須イベントなんだと思い、乗り越えていこうと思う。
仕事辞めたい。


そんな私が、楽しみにしている事がある。
弟の記事を毎朝の通勤電車で読むことだ。

私は、通勤電車に乗っている瞬間が気分ブルーの絶頂期なのだが、彼の記事をよみ始めてからは少し変化がでた。
彼が冒険をしている風景を想像していると、私も一緒に世界を旅している気分に浸ることができ、始業後に襲い掛かって来るであろう凄まじい量の業務を想像してキリキリする胃の痛みを和らげてくれるのだ。
そうして会社最寄り駅につく頃には、
「取りあえず頑張るか」
と、踏ん張ることができるのである。

ので、平日には大変重宝いている。


だが、休日に読む記事は別だ。
休日に読む彼の記事は、平日とは別に私に1つの強力なメッセージを叩きつける。

「兄さん!ゲームしよーよ!」
「兄さん!ブログ書いてよ!」

あ、2つだった。

そう、彼の記事は純粋で、キラキラしているからこそ、
平日の僅かな隙間時間で読むときには元気をもらえるが、
休日の若干余裕のある時間帯に読むと、「FF14をできない理由を探している自分」に気づいてしまうので

逆に体に良くない。

そんなわけで、ここ数週間は休日に記事を読むのは辞めていたのだが…。
昨日、一緒に遊んだことを記事に書いたと先程連絡があり、つい覗いてしまった。

しかも私には昨日色々と助けてもらった借りもある。

これはもう、せめて記事くらい書いて彼に御礼申し上げるべきであろう。
そう思って私はケータイを閉じると久しぶりにPCを立ち上げ、ブログサイトにログインをして、驚いた。


20160612_073828


アクセスUUが、200を超えているのである。
なんだこれ。
え、だって先月は1とか2だったじゃん。

これでは話が違う。
こんな、まさにこんな、アウェイな。

完全なアウェイ。

いまさら、私はいったい、どんな記事を書けばよいのか。
異世界転職サラリーマンとか、いってる場合か。
というか、そんなん書いたら非難轟轟ではないのか。


そんな思いに駆られ、PCの電源に手を伸ばし、

だがしかし
結局それでは「何もしない自分」の上塗りになるのではないか、と考えなおし、
だから、アウェイでも、なんでも、私はこの記事を上げようと思う。
そうして、やれない自分から1歩、やった自分へと変わるのだ。

チェンジなう


それでは皆様、またいつか。
シーユーアゲイン。