ffxiv_20160707_044712





僕が気がつかないだけで。

僕がみていないだけで。

僕がきいていないだけで。

僕が想像できないだけで。

僕が感じられないだけで。

僕が知らないだけで。



たくさんの。

本当にたくさんの人に。



助けられ、励まされ、支えられ、背中をおされ。





僕は今。

ここにいる。

ここにいれるんだ。























―― 私の声が聞こえますか?

―― さあ、目を開けて・・・目覚めるのです。





―― あ、ダメです。オフトンにもぐらないで下さい。





―― あ、あ、なにしているんですか。起きるんです。目覚めるんです。

―― ちょ、もういい加減に起きなさい。目覚めなさい。





―― もう!さっさと目覚めなさいよっ!バカバカバカ!!





―― 嘘です、ごめんなさい。さあ目覚めの時です。





―― こら起きろーーーー!!!


















おはMORNING!!! 








ハイデリンさまに優しく起こされる夢をみていた気がしますが、
現実ではKIDSさまの強烈な両足蹴りをくらって目が覚めましたジルさんです!!













子どもって寝相悪いですよねっ!!!





風のうわさで聞いたところによると、
あれってストレス発散しているらしですよ!!









我が家はお部屋の事情(号泣)で、
和室6畳で親子川の字で寝ているのですが!








朝起きると必ず襖ははずれていますし
KIDSさまがどこかに転がっているんですよね。
(ブログやエオルゼアにいるときに『バカーン!』って襖を外されたこともあります。ビビりました)









そしてだいたいFatherであるジルさんに、
KIDSさまはなにかしらの攻撃を加えてきます。






手でパンチぐらいなら可愛いもので、
最近は足でけられまくっていたり、
なぜか顔の上に乗っかられていた時もありました。










KIDSさまも子ども社会でいろいろ大変なのね。

ストレス社会だからね、よく頑張っているよウンウン。

でもできたらYour Fatherもストレス会社でもまれてますのでね。















けっとばさないでほしいなあああああああああ!!!


あと夜寝るときに『ママガイイーー!!パパイヤー!』って泣かないでくれるかな?


あ、もしかしてパパイヤってアフロで鈴木って方かな?


それともやっぱり、Your Fatherのことかな?


Your Fatherだとしたら、別に隣で寝ているだけで、何もしてないじゃん?

 














パパ泣いちゃう。

















さて、昨日はブログに力を入れすぎてしまって。

エオルゼアには10分ぐらいの滞在でしたー!





ログインしたジルさんは槍術士になると、
『兎に角時間がない!』とアリスにでてくるウサギのように走りながら近くのF.A.T.Eへ向かいます。



『よしココだ!』


F.A.T.Eのエリアにはいると、
レベルシンクをつかって適正レベルになって対象の敵をバッサバッサと倒していきました。

ffxiv_20160706_065620




気持ち良いくらいに敵のHPをガシガシ削り、
あっという間にクリア!

さすがDPSといわれるクラス、
前にも書きましたが剣術士の時とは違ってサクサクっと倒せちゃうところがイイですね!





FF14では各クラス、各ジョブで役割がきまっていて、
タンク、ヒーラー、DPSの三つ・・・だったと思います!



それぞれが協力することで、
一人では攻略できないダンジョンも攻略できるし。

それぞれが助け合うとこで、
一人では倒せない巨大な敵も討伐できるのです。






ジルさんがFF14にこんなにもハマっているのも、
この『しっかりとした役割』があることが大きいのかなーと最近思っていまして。



『世界のどこかにいる誰かと一緒に遊べる』オンラインゲームで、
『たまたま同じ世界で、たまたま同じ時間に遊んでいる、どこかの誰か』とご一緒して、
『同じ目的のために助け合いながら、自分の役割をこなして進む』ことが『楽しいなー』って感じているんです。



ffxiv_20160706_065957





三銃士で有名な『ひとりはみんなのために』『みんなはひとりのために』って感じといいますか。



自分の役割がしっかりしているからこそ、
『助け合ってる』『協力している』ことが感じられて嬉しいといいますか。



各自が自分の役割をこなしながらも、
余裕があるプレイヤーさんが誰かを助けてる姿に『カッコイイ!!!』って萌えるといいますか。



ジルさんタンク下手ですけど、
それでもなんかいい感じに動けたときに『おっしゃ、役に立ったで!!』って思えるといいますか。









うーん、ジルさんの表現力じゃ限界があるのですが・・・!



無理やりまとめますと、
『誰かと助け合って進む』ということが好きなのかもしれません。










でもって。



『誰かと助け合って進む』ために『自分がやるべき役割』がはっきりしていることが、
分かりやすいFF14のロール分けが大好きなんだと思います!



ffxiv_20160706_070135





だからこそ。



もっと積極的に気の合うフレンドさんを作って。

時にはケンカしながらも、時間をかけて心を通わせて。

ガッチリとスクラムを組んで。

そんなフレンドさんと一緒にリンクシェルや、
フリーカンパニーを作って。

さらに先へと進んだり。

この世界で助け合って生きることができたなら。





『最高に楽しいだろうなー』
って思うんです。

『ジルさんそういうの好きなんだろうなー』って思うんです。







(さらにそこに兄さんがいたら、もう幸せハピネスなんでしょうねっ!!!)



ffxiv_20160706_070153





ですが、残念ながらジルさんにはそこまでできる時間がありません。

やろうと思えばできるのかもしれませんが、
きっとそれはジルさんのキャパをオーバーしてしまい長続きはしなと思います。

無理やり「もっと楽しく!!もっともっとおおお!」と突っ走って、
「リアル」も「エオルゼア」も台無しにしてしまうなんて・・・悲しすぎますし、
そんなんになったらジルさんは絶対に嫌です。










リアルでの家族の長としての役割。

大好きなKIDSさまの父としての役割。

職場でのヘッポコ社員の役割。






これもまた、
『助け合って進む』ための大事な役割。

そんなちょっと重めの役割も、
ジルさんの肩にチョコンとのしかかっています。

でもここがしっかりしていないと、
たぶんジルさんはエオルゼアを心から楽しむことはできません。

だからまあ、
嫌になることも多いのですが!

ここもしっかりと頑張っていきましょう。

きっとみんな、
大なり小なりそんな重みを背負いながらあるいているんですから。



















でもって、大好きなエオルゼアにいけるときは!!

「タンク」としてCFでご一緒したメンバーさんを守れるように!!!







ジルさんが踏ん張っている間、
絶えず癒してくれる「ヒーラーさん」に感謝しながら!





ジルさんが引き付けている間、
ガッシガッシ敵のHPを削って素早く倒してくれるDPSさんに感謝しながら!







楽しみながら前に進んで行こうじゃありませんか!!
























って、ぬあああん!!

しまった自分語りに酔ってしまって、
もうこんなTIME!!
















それでは、
今日も元気にエオルゼアで会いましょうー!!

いってきまーす!!




 



兄さんのモチベのために人気ブロガーに僕はなる!(ドンッ!!)↓クリックお願いします!






人気ブログランキングへ