まずは目をとじて。

次に大きく息を吸って、ゆーっくりと吐く。

そして目をゆっくりとあけて、『さて、いきましょうか!』なんて自分に声をかける。


最初の1歩は、いつもそんな感じです。





PhotoFunia-1472685908





























おはようございまーす!


寝不足MAX!!!


じゃっかん風邪気味!!!


でもなんだか体からハピネスオーラが出ているジルさんです!










トゥディも元気に『紅蓮祭』の続きを書こうと思っていたのですが・・・!!

昨夜おこなわれました夢の祭典、







『ジェミさんpresents! 大喜利大会開催! in Alexander鯖』








におじゃまさせていただいたので!








その様子を新鮮なうちに!


記憶が鮮明なうちに!!








寝不足の頭でツラツラと書いていきたいと思います!









 ↓主催者様のブログです!
d8bb2a2e


















さてはて。

昨日の朝(AM4:30ころ)のことです。

ジルさんはグングニル鯖をあとにしまして、
ひとりAlexander鯖へと向かっていました。

今晩おこなわれる大喜利へ参加するために、
あらかじめキャラクターを作って会場の前まで移動しておこうと思ったのです。




『え?Alexander鯖には前にジルランダーさん作っていたじゃないか?』ですって?




すごいですね!

よく覚えていましたね!

そうなんです。




実は以前にジェミ子の部屋を聞きにいこうとして・・・、
いけなかったことがあったんですね!




その時に作ったジルランダーさんは、
アイテム課金のときに紛らわしかったのでいったん削除してしまっていたんですっ!!



ですのでAlexander鯖で遊ぶためには新しいキャラクターを作る必要があったため、
夜になってキャラクター制作制限に泣くことのないように!&帰宅時間が遅くなってもすぐに駆け込めるように!



あらかじめキャラクターを作って、
会場の前まで移動しておこうと思ったのです!!!(←2回目)









用意周到準備万端はジルさんのモットーとするところ!!











そんなこんなで『今回はノーマルジルさんでいこうかな・・・』とか考えながら、
保存されたキャラクターデータから『ジルさん』のデータを読み込もうとした瞬間。










??? 『ジルさん。ジルさん。私の声が聞こえますか――――』


??? 『今回、参加したいユーザーイベントは"大喜利"――――』


??? 『参加するからには本気と書いて"マジ"』


??? 『つかみたいテッペン&豪華な賞品ですよね――――』


??? 『それには皆さまの"笑心"をガッチリとハートキャッチしなければならないのです―――』


??? 『ジルさん。ここは"出オチ"が定石ですよ―――』

















なんて声が聞こえてきたんですね!






そうなんです。



早朝独特の内なるハイテンション神様が、
ジルさんのヘッドに降臨されたのでした。
















なるほど!出オチ!!









「あ、あの有名な双子のジルさ――――、ちょwwおまwwwだれwww」的なっ!!!












すばらしい!!!


これで初対面の皆さまのハートもキャッチ!!


『ジルさんっておもろい奴やな!』っていってもらえるに違いないっ!!!


でもってきっと仲良くしてくれるに違いないっ!!!!










そう確信してしまったジルさんは、
内なる早朝ハイテンション神様の言葉を全面的に受け入れてしまったのです。














かくして早朝のAlexander鯖に―――。





ffxiv_20160831_052729










ffxiv_20160831_052835





ジ ル ガ デ ィ ン さん、


  爆      誕 。






















んふうおおおおおおおおおおおおおおあ!!


これで大喜利大会はもらったああああああああああわん!!!!







ffxiv_20160831_052921






やるからには全力全開っ!!


そう、いつだってジルさんはそうやってきたじゃない!!!


とるわ、ニューキャラクターのジルガディンさんでテッペンをっ!!!

















こうしてミューヌさんの「冒険者として~」の言葉に「すみません・・・ただ大喜利をしにきました・・・」と若干心を痛めつつ。




ffxiv_20160831_053053







ジルガディンさんはLv1のままKIAIでフィールドを駆け抜け、
無事に会場前へと到着し「これでバッチリンコ☆」と安心してログアウト。







1472589986MmPH6ygbtTrOOEx1472589984







今日はなんだかいい日になりそうだZO☆

真っ暗になったパソコン画面をニヤニヤしながら見つめるジルさんなのでした。



















まさか自分がパンイチで参加することになるとも知らずに―――。















       つ ・ づ ・ く ♪