『いつもの生活』が『あたりまえでない』と。

僕は知っていた。

『いつもの生活』が、『かんたんに変わってしまう』と。

僕は知っていた。

『知っているつもり』だった。

だからなるべく『いつもの生活』が変わっていっても、『受け入れる』ようにしている『つもり』だった。



でも、いつしか。

この『いつもの生活』が『あたりまえ』になってしまい。

この『いつも生活』は『変わらないものだ』と信じてしまっていたんだ。



だからこんなにも、かんたんに。

あっというまに。

変わってしまった『今の生活』を。

受け入れられず。

今日もジタバタと、あがいている。

『いつもの生活』に戻れるように。

 



ffxiv_20161006_060839




 



















おはようございまーーすっ!!

おひさしブリタニアーーーっ!!!!

みんなのアイドル(自称)、
リアルゼアの吟遊詩人!

ジルさんでーすっ☆










気がつけばもう11月も9日となりました。

はやいですね、光陰矢の如し。

このままダダダッと11月は過ぎ去り、12月がやってくるんでしょうね。





12月といえば、リアルギルがとびにとびます。





ええ、もうなんか、ほっておいても勝手にとびさっていきますよね12月は。





リアルギルがっ!!











でも今年は大丈夫っ!!



だってFF14宝石箱のジェミーさん





夢蔵さんが今年の年末ジャンボ宝くじを当てるので、その9割をいただける手筈になっています。ですので、ジルさん山分けしましょう!』










と、いってくださったのでね☆




やったNE☆

















と、それは冗談ですが、
ヒカセンパイたちは本当に良い方ばかりですね( ;∀;)b




日々、世知辛いリアルで傷つく心を癒されております。




ありがとうございます!

ありがとうございます!



















さてはて。

ここ数日ジルさんは落ち込んでいました。

毎日ひとり早朝に起き出してパソコンディスクにむかい、ため息をつく。

そんな生活をおくっていたのです。

そのためブログも更新できないでいました。





ffxiv_20161109_060230
 




今日もエオルゼアとの懸け橋であるパソコンの電源をいれると、



「はあ・・・」




とため息をつくジルさん。



「もう、本格的にだめかもしれない・・・」



アパルトメントのロビーでジルさんは悩んでいました。



「リアルでも、エオルゼアでも、まじめにいきてきたのに・・・」

「なんでこんな目にあわないといけないの・・・」






ffxiv_20161109_060718





その目はうつろに壁を向けています。



「なんで・・・購入して一年もたたないモニターが壊れてしまったんだろう・・・」



ジルさんは目をとじ、またため息をつきました。


そう、ジルさんがなんでこんなにも落ち込んでいたのかといいますと。










ずばり、モニターが壊れてしまった(と、おもわれる)からです!!











ついこないだまで。

キレイにエオルゼアの世界をうつしだし、
リアルの世界とエオルゼアの世界をつないでくれていたジルさんのモニター。

そのステキなエオルゼアの世界は、早朝生活へとライフスタイルすらもかえてくれました。





ffxiv_20161109_061233





しかし、そんな大事なモニターに9月頃から異変があらわれはじめました。





たまに画面が一瞬、白っぽくなるのです。





パソコン起動時やエオルゼアについた瞬間のほんのわずかな時間ですが、
たまーに画面が白っぽくなってしまうことがあったのです!(←二回目)





しかしすぐに元に戻っていたので、
あまり気にしないですごしていました。

ですがその症状が起きる回数がだんだん、だんだんと増えていき、
白っぽくなっている時間も長くなっていったのです。



「でもしばらくすると戻るし、まだ大丈夫・・・かな?」



と思っていたのですが、ID中になってしまったり。

だんだんとエオルゼアでの生活に支障をきたすようになりました。










そして、ついに。

その日はおとずれます。





10月末。



モニターは真っ白になってしまい、元に戻らなかったのです。








戻らなくなってしまったのですっ!!(←二回目)










しろ







「このままではエオルゼアで生活ができないっ!」


そうおもったジルさんは、重い腰をあげてレイドさま(OKUSAMA)に交渉をしました。

しかしレイドさま(OKUSAMA)の反応は予想通りキビシイかったのです。










いわく「叩けばなおるんじゃないか」「これからお金がかかる時期なので数万円も支払う余裕は我が家にない」「これを気にしばらくパソコンをやめてみたらどうか」etc...。










うう・・・あんまりだぁ・・・。



レイドさま(OKUSAMA)の猛攻に、あきらめそうになるジルさん。

しかしTwitterなどでいろいろ情報をいただき、「中古でもいいからっ!」と泣きついたところ。

「それぐらいなら新品買いなさいよ」と渋々ながらも購入の許可をいただけたのでした。







心の中で情報をくれたヒカセンパイのみなさまに感謝をしつつ、
レイドさま(OKUSAMA)の気が変わらないうちにと、いそいでケータイをひらき。

通販で一番安いパソコンモニターをえらびポチリ。



「やったー!これでまたエオルゼアであそべるゾー!」



と、大喜びのジルさん。

「もうっ」とプチお怒りのレイドさま(OKUSAMA)。





『これでバッチOK!』と、
このときのジルさんはそう信じて疑いませんでした。








 つ ・ づ ・ く ♪